外壁や屋根の塗料が劣化する仕組み

有限会社小原建装

0537-48-4764

〒437-1302 静岡県掛川市大渕9913-3

ブログ

外壁や屋根の塗料が劣化する仕組み

ブログ

2019/08/30 外壁や屋根の塗料が劣化する仕組み

掛川市の外壁塗装の専門店が教える外壁や屋根の塗料が劣化する仕組み

 

大切な家族を守り、快適な生活を送るための家を長くきれいに保つためには、
できるだけ劣化を防ぐことが大切です。

家が劣化すると、見た目のきれいさを保てなくなるだけでなく、
保温性や耐震性などが低下することにつながります。

家を長持ちさせるためには、家の外壁をバリアのように塗料で包み、
紫外線、気温、湿度、酸性雨など、厳しい自然環境から、
家を守る必要があります。

家を劣化させる原因になる紫外線、気温、湿度、酸性雨中でも、
家を劣化させるのは、
特に紫外線が一番の理由になると言われています。

毎日あたる紫外線によって塗料の組織が破壊されるのは、
紫外線の波長が塗料の層に入り込んで塗料を劣化させるためで、
塗料の組織が破壊されることで、バリア機能が失われ、
雨などの水分が壁の内部や家の構造にまで入り込み、
内部の劣化を進めることになります。

内部が劣化してしまうと、大規模な修繕が必要になり、
多額のコストがかかってしまうため、
早めに塗り替えをして、劣化を外側で食い止めることがおすすめです。

掛川市 袋井市 菊川市 御前崎市 磐田市の
外壁塗装なら小原建装にお任せください。

 

 

有限会社小原建装

電話番号 0537-48-4764
住所 〒437-1302 静岡県掛川市大渕9913-3
定休日 年中無休

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2e2H8wG

TOP